HOME製品・技術のご案内 > 中温化アスファルト混合物 エコファイン

印刷用ページ

製品・技術のご案内

中温化アスファルト混合物 エコファイン

  • 「高評価」を受けている製品・工法
  • 「地球環境・地域環境」への貢献になる製品・工法
  • 「施工性」に優れる製品・工法

カテゴリー:製品>アスファルト混合物

CO2排出量削減や省エネ、寒冷期の施工性改善に効果

概要

特殊添加剤「フォームセット」を用いて、製造時の混合性や舗設時の締固め性を向上させたアスファルト混合物です。通常と同等の作業性で製造温度を約30℃下げる場合(中温化)と、製造温度を下げずに高い作業性の混合物とする場合(施工性改善)とがあります。

特長

  • 省エネルギー(中温化):製造温度低減により化石燃料の消費量を削減できます。
  • CO2排出量の削減(中温化):化石燃料の使用量低減によりCO2排出量を削減します。
  • 品質の確保(施工性改善):作業性・締固め性が向上します。また混合物温度が低下しても通常と同等の作業性があるため、舗設可能な時間や運搬可能な距離が伸長します。

用途

  • 中温化:環境配慮が求められる舗装工事、早期開放が求められる交通規制工事、熱劣化による変色が懸念されるカラー舗装工事
  • 施工性改善:混合物の温度低下が懸念される寒冷期や遠隔地の工事、高い作業性が必要な特殊混合物や人力施工の工事

事例紹介

ニッポニュース掲載号 VOL 100(2015年1月1日発行)中部支店版
ニッポニュース掲載号 VOL 92(2013年2月1日発行)関東第一支店版
工事名 中央自動車道 甲府管内舗装補修工事(平成23年)
発注者 中日本高速道路㈱ 八王子支社
完成年月 平成24年11月
ニッポニュース掲載号 VOL 90(2012年10月1日発行)関東第一支店版

  • 施工状況

  • フォームセット添加後のアスファルト

  • 微細泡のベアリング効果による締固め性の向上

  • エコファインと通常混合物のCO2排出量・製造温度 比較例