製品・技術のご案内

中温化アスファルト混合物用添加剤  フォームセット

「地球環境・地域環境」への貢献になる製品・工法 「施工性」に優れる製品・工法

カテゴリー:製品>舗装材

混合物製造温度の低減で、燃料削減やCO2排出量抑制に貢献

概要

加熱アスファルト混合物の混合性や締固め性を向上させる特殊添加剤です。中温化アスファルト混合物の製造に使用します。

特長

  1. 中温化:混合物の製造・舗設温度を通常よりも約30℃低減しても通常と同等の作業性を有します。
  2. 作業性向上:混合物温度を通常と同一とした場合は高い作業性が得られます。
  3. 汎用性:ストレート、ポリマー改質、脱色などのアスファルトの混合物に使用できます。

用途

  • CO2の排出量抑制のニーズがある時
  • 寒冷期の施工で、締固めが得られにくい時
  • 薄層舗装の締固めを確保したい時
  • 交通開放までの養生時間の短縮を図りたい時

関連

中温化アスファルト混合物製造状況
混合温度:通常165℃→135℃に(測定例)
舗設温度:通常145℃→115℃に(測定例)
微細泡のベアリング効果によって締固め性の向上を表わす概念図