HOME製品・技術のご案内 > 路上再生セメント・フォームドアスファルト安定処理工法 フォームドFRB工法

印刷用ページ

製品・技術のご案内

路上再生セメント・フォームドアスファルト安定処理工法 フォームドFRB工法

  • 「地球環境・地域環境」への貢献になる製品・工法
  • 「供用性」の向上に最適な製品・工法
  • 「経済性」に優れる製品・工法
  • 「維持補修」に最適な製品・工法
  • 「施工性」に優れる製品・工法

カテゴリー:舗装工法>車道アスファルト舗装>維持補修

環境保全、コスト縮減が図れるリサイクル工法

概要

ストレートアスファルトを泡状にしたフォームドアスファルトを、既設アスコン、既設路盤材および少量のセメントと路上で混合して、新しい舗装の路盤として再生する工法です。打換え工法やアスファルト乳剤を用いる再生路盤工法より経済的な補修工法です。

特長

  • 環境保全:既設舗装材を有効活用するリサイクリング工法です。
  • 高耐久性:たわみ性を有し、ひび割れの発生を抑制します。
  • ローコスト:アスファルト乳剤を用いる工法に比べ経済的です。
  • 優れた混合性:細粒分の多い材料、湿潤材料でも混合性は良好です。
  • 即時交通開放:施工後すぐに交通開放が可能です。

用途

  • 路上再生路盤:セメント
  • 瀝青安定処理工法

事例紹介

ニッポニュース掲載号 VOL 106(2016年7月1日発行)北海道支店版
発注者 函館市
完成年月 平成27年7月
ニッポニュース掲載号 VOL 77(2010年8月1日発行)北海道支店版
工事名 市道放射2-1号線舗装工事
発注者 函館市役所土木部

  • 施工状況

  • フォームドFRBの概念図

  • フォームドアスファルトの概念図