製品・技術のご案内

音響道路 メロディペーブ

「安全性」を高める製品・工法 「快適性」を高める製品・工法

カテゴリー:舗装工法>車道アスファルト舗装>交通安全対策

路面からメロディが聞こえてくる

概要

溝間隔が様々に変化するグルービングを道路の横断方向に設けた舗装です。車両がこの上を通過すると路面から音楽が聞こえてきます。高い路面排水性やすべり抵抗性、音や振動による注意喚起などのグルービングの一般的な機能に加えて、“路面が音楽を奏でる”という新しい機能を舗装に与え、安全で楽しいドライブを提供します。

特長

  1. 快適ドライブ:路面からメロディが聞こえることで、楽しいドライブを演出します。
  2. 地域振興の一助:地域ゆかりの歌や景色にあった曲を選定し、地域振興やPRの一助に。
  3. スリップ防止:路面排水性およびすべり抵抗性が向上します。
  4. 注意喚起・覚醒:ドライバーに覚醒効果を与えます。

用途

  • 観光地の道路

関連

<施工事例>童謡「ふじの山」(WMV形式:2.34MB)※注意:音が流れます

神奈川県と静岡県の県境に位置する観光道路「芦ノ湖スカイライン」に、童謡「ふじの山」を施工。延長約300mの施工区間を40km/hで走行すると約30秒間、音楽が流れます。

施工例:芦ノ湖スカイライン(神奈川県箱根町)に童謡「ふじの山」を施工
舗装の表面
メロディペーブが音楽を奏でる仕組み
  • 専用機を使用します
  • 横断方向にグルービングを施します