HOME製品・技術のご案内 > 加熱注入目地材・成型目地材 パンシール

印刷用ページ

製品・技術のご案内

加熱注入目地材・成型目地材 パンシール

  • 「供用性」の向上に最適な製品・工法
  • 「維持補修」に最適な製品・工法
  • 「施工性」に優れる製品・工法

カテゴリー:製品>目地材・防水材

目地やクラックに最適な ゴムアスファルトを用いた目地材

概要

ストレートアスファルトに、熱可塑性スチレンブタジエンラバーや石油系樹脂などを、特殊溶解方式でブレンドしたゴムアスファルト目地材です。低弾性タイプと高弾性タイプの2種類があり、いずれのタイプも加熱注入用と貼付用(成型品)とがあります。

特長

  • 柔軟性:低温におけるたわみ性に優れ、冬季でも亀裂破損せず防水性が保持できます。
  • 耐流動性:高温における流動抵抗が大きく、夏季でも流出、流動しません。
  • 作業性:加熱により簡単に溶け、作業性に優れています。
  • 接着性:コンクリート構造物との接着性にも優れています(専用ブライマー使用)。

用途

  • グースアスファルトとコンクリート構造物の目地
  • 橋面や屋上の防水端部目地
  • コンクリート舗装の目地
  • アスファルト舗装のクラック
  • 池の防水とコンクリート構造物との目地

事例紹介

ニッポニュース掲載号 VOL 100(2015年1月1日発行)東北支店版
ニッポニュース掲載号 VOL 62(2008年2月1日発行)中部支店版

  • 橋面の防水端部目地に注入

  • 低弾性タイプ荷姿(左:加熱注入、右:成型)

  • 成型パンシールの適用例

  • クラックへ適用例