建築物の環境性能向上技術

NIPPOでは、建築物の環境性能を良好にするための各種技術も提供しています。
CASBEE®(建築環境総合性能評価システム)による環境性能評価に適合可能なNIPPO技術を紹介します。

CASBEE®とは:CASBEE(建築環境総合性能評価システム)は、建築物を環境性能で評価し格付けする手法です。省エネや省資源・リサイクル性能といった環境負荷削減の側面はもとより、室内の快適性や景観への配慮といった環境品質・性能の向上といった側面も含めた、建築物の環境性能を総合的に評価するシステムです。

CASBEE®は、2001年に国土交通省の主導の下に、(財)建築環境・省エネルギー機構内に設置された委員会において開発が進められています。CASBEE®は、大規模建物を対象とした「建築系」、戸建住宅を対象とした「住宅系」、街並みづくりを対象とした「まちづくり系」で構成されています。

建築系CASBEE®は、建築物のライフサイクルに対応して、CASBEE-建築(新築)CASBEE-建築(既存)CASBEE-建築(改修)の評価ツールにより構成されています。これらの基本ツールの他CASBEE-HI(ヒートアイランド)などの拡張ツールがあります。各ツールにはそれぞれ目的とターゲットユーザーが設定されており、評価対象とする様々な建物の用途(事務所、学校、集合住宅等)にそれぞれ対応できるように設計されています。

CASBEE®」は、(財)建築環境・省エネルギー機構の登録商標です。同法人の使用許諾にもとづき使用しています。

CASBEE®の評価項目に適合可能なNIPPO技術

建築系「CASBEE」による環境性能評価に適合可能なNIPPOの技術
CASBEE®の評価項目(抜粋) NIPPO技術
Q 3.3.2 敷地内温熱環境の向上
LR2.2.4 非構造材料におけるリサイクル材の使用
LR3.2.2 温熱環境悪化の改善
  • 注) CASBEE®は、建築物全体を評価するものであり、商品を評価するものではありません。
  • 注) 表に示した技術は、自社評価結果から、建築系「CASBEE®」の評価に貢献可能と判断されたものであり、(財)建築環境・省エネルギー機構が認定したものではありません。
  • 注) 他の商品との組み合わせや、適用場所等により建築系「CASBEE®」評価への適合可能性は変わることがあります。

お問い合わせ

このページのお問い合わせは
営業企画部営業企画グループ  Tel:03-3563-6711  または  問い合わせフォームより