ニッポ・ニュース

vol.78(2010年10月1日発行)

全国版

舗装の未来を考えた予防保全型維持管理
システム NIPPOのアセットマネジメント

限られた予算の中で効率的に中長期の舗装の維持管理が行えるように支援する技術です。NIPPOが保有する「芦ノ湖スカイライン」等で蓄積したノウハウを活用し、測定・評価から、計画・立案、補修まで、中長期的な舗装維持管理サイクルの確立をお手伝いします。

本社版

支店版

北海道支店

クレイに近い適度な滑り、天然芝の弾力性「砂入り人工芝 テニスコート」
▼北海道大学では、平成14年に構内のテニスコート3面を砂入り人工芝で敷設しました。その後、供用経過が良好なことから、平成21年に4面を同仕様で新設施工しました。

東北支店

環境・安全もしっかりアシスト「NIPPOのお役立ち舗装」
▼「ゴルプラ・ネオ」は、再生ポリプロピレンを素材とした強度のあるハニカム形状の「芝保護ブロック」です。
▼「パーフェクトカラーE」は、アスファルト舗装やコンクリート舗装または鋼床版面にエポキシ樹脂を用いてカラー化する工法です。

関東第一支店

木質系歩行者舗装「パーフェクトシーダー」
▼「トトロの住む家」と親しまれながらも焼失した東京都杉並区の住宅の跡地が、宮崎駿監督のデザインのもと公園に生まれ変わりました。その園内の舗装にNIPPOの「明色パーフェクトシーダー」が採用されました。

関東第二支店

型押し式アスファルト舗装「ストリートプリント」
▼「ストリ−トプリント」は、アスファルト舗装の表面にブロック状の模様をつけて、新しい表情をつくる型押しアスファルト舗装です。

北信越支店

振動と音によりドライバーに車線逸脱を警告「ランブルストリップス」
▼「ランブルストリップス」は、逆かまぼこ型の凹みを路面の延長方向に断続的に設けた安全対策工法です。

中部支店

主催/ISAP2010 名古屋会議実行委員会
「2010建設テクノフェア・ISAP道のテクノロジー展」
▼アジアで初めて開催された「第11回国際アスファルト舗装会議」に合わせ、8月1日〜3日の3日間、名古屋国際会議場において「暮らしを支える建設技術」をキャッチフレーズに「2010建設テクノフェア・ISAP道のテクノロジー展」が開催されました。
史跡散策路の舗装「NIPPOの景観舗装」
▼名古屋市の歴史的町並み保存地区である「四間道」のコミュニティ道路を、NIPPOの景観舗装でリフレッシュしました。

関西支店

音響道路「メロディペーブ」
▼音響道路「メロディペーブ」とは、溝間隔が様々に変化するグルービングを道路の横断方向に設けた舗装のことです。

四国支店

四国8の字ネットワーク形成に向けた高速道路整備に
「無型枠打設工法 スリップフォーム工法」
▼四国横断道路整備事業の内、高知県須崎市安和地区におけるアスファルト舗装およびコンクリート舗装を施工しました。

中国支店

遮水型排水性アスファルト舗装「アンダーコートパービアス」
▼「アンダーコートパービアス」は、乳剤・分解剤散布装置付きアスファルトフィニッシャを用いて、基層面上に多量の高濃度改質アスファルト乳剤(アンダーコートゾルU)と専用分解剤を同時散布し、ポーラスアスファルト混合物層の底部に遮水機能を持たせた排水性アスファルト舗装です。

九州支店

カラーコーティング材「ストリートボンド」
▼カラーコーティング材「ストリートボンド」は、エポキシ強化のアクリル樹脂で、アスファルト舗装路面をしっかり保護します。
バックナンバー

ご覧になりたいバックナンバーを
お選びください