ニッポ・ニュース

vol.73(2010年2月1日発行)

全国版

〜路面からメロディが聞こえてくる〜
メロディペーブ

溝間隔が様々に変化するグルービングを道路の横断方向に設けた舗装のことで、車両がこの上を通過すると車内に路面から音楽が聞こえてきます。

一般にグルービングを施した舗装には、路面排水性やすべり抵抗性などの機能があります。メロディペーブは、これらに加えて“路面が音楽を奏でる”という全く新しい機能を舗装に与え、安全で楽しいドライブを提供するものです。

本社版

支店版

北海道支店

凹型注意喚起工法「ランブルストリップス」
▼北海道縦貫自動車道八雲落部工区で、暫定供用区間における交通事故防止対策(安全性向上)として、「ランブルストリップス」が本格採用となり、総延長38kmを施工しました。

東北支店

加熱アスファルト混合物による表面処理工法「ニッポカーペット」
▼「ニッポカーペット」は、大型車交通量が比較的少ない道路の路面性状回復を目的として、既設路面を加熱アスファルト混合物でリフレッシュする工法です。
笑顔が集う街づくりに「ストリートプリント」
▼「ストリートプリント」は、舗装の表面にブロック状の模様をつけて、新しい表情をつくる『型押しアスファルト舗装』で、豊かな街並みを演出します。

関東第一支店

ICT(情報通信技術)を活用した高効率・高精度な施工を実現する「情報化施工」
▼人工衛星やトータルステーションを利用した機械の位置情報と情報通信技術の組み合わせで、仕上げ高さを自動制御し、高効率化と高精度な仕上がりを可能にした工法です。

関東第二支店

鋼床版舗装の防水層「グースアスファルト」
▼「グ−スアスファルト」は、ドイツで開発されたロ−ラ転圧を行わない流し込み舗装で、同国内ではアウトバ−ンをはじめ多くの道路舗装に適用されているものです。
橋梁床版の防水層「防水エスマック (防水砕石マスチック) 」
▼「防水エスマック」は、均一で緻密な仕上がり面が得られる配合と、混合物の高い締固め性を確保するための特殊添加材の適用により、エスマック(砕石マスチック)を防水用に改良した舗装です。

北信越支店

既設コンクリート版に新しい繊維補強コンクリートを打継ぐ
「コンクリート薄層オーバーレイ工法」
▼「コンクリート薄層オーバーレイ工法」は、既設のコンクリート舗装やコンクリート床版上に新しいコンクリートを打継ぐ工法で、コンクリート舗装路面の供用機能回復やコンクリート床版の構造強化に有効です。

中部支店

トンネル内の明色舗装「ホワイトエスマック」
▼「ホワイトエスマック」は、耐流動性や耐摩耗性等、耐久性に優れた「エスマック」を脱色バインダ、白色顔料等を使用して白色化した舗装です。
陸上競技場へ適用「情報化施工 (トータルステーション) 」
▼岐阜県大垣市にある陸上競技場の競走路とインフィールドを、自動追尾トータルステーションを用いて施工。高精度で効率的な施工が可能となり、省力化と安全性が確保できました。

関西支店

コンクリート防食被覆工法「エコサルファー防食工法(後貼り工法)」
▼「エコサルファー防食工法」は、下水道施設内のコンクリートを、硫化水素による腐食から守り、施設の長寿命化を実現する工法です。

四国支店

平成20―21年度上保田外1件舗装工事で「情報化施工見学会」開催
▼「四国8の字ネットワーク」を形成する一般国道56号宇和島道路において、発注者や施工関係者など約100人を集めた「情報化施工見学会」が開催されました。

中国支店

型押しアスファルト舗装「ストリートプリント」
▼アスファルト舗装の表面にブロック状の模様をつけて、新しい表情をつくる型押しアスファルト舗装。模様設置後、表面に専用のカラー塗料「ストリートボンド」を施すことで、周囲に調和した景観舗装を作り出します。

九州支店

型押しアスファルト舗装「ストリートプリント」
▼敷きならしたアスファルト混合物の上にテンプレートを被せ、この上から転圧する ことにより、表面にブロック状の模様をつけてインターロッキングブロック舗装と同様の趣を呈する景観舗装です。
バックナンバー

ご覧になりたいバックナンバーを
お選びください